格安なプリンタインク

2013年12月26日 no comments

自分の部屋にあるパソコンの隣にプリンターが置いてある。このプリンターはほぼ自分専用のプリンターとして使用している。パソコン自体の使用頻度はほぼ毎日使用しているのであるが、プリンターはと言うと、それほど使用していない。年末は年賀状印刷で大活躍してくれたのだが、ここ最近はお休みが多くあまり使っていない。かと言ってほったらかしの放置というのはプリンターにはよくないことである。使わないと内部のインクが固まってしまい、それが結果的に詰まる原因、そしてインクのかすれを増やして無駄にインクを使用してしまうことにつながるからだそうだ。以前のプリンターこのようなことをしてしまい、新しいのを購入したのでよく記憶している。マメに電源だけ入れるということだけでいい、これをするだけで長持ちできるそうだ。プリンターを使うことが多かった年末、気になるのがインクの残量である。少し減っていて少なくなってますと表示が出ていたので、新しいのを家電量販店で購入してきた。最近のプリンタインクというのは非常にバリエーションが豊富になっている。プリンタのメーカーの純正品が当然あるし、中身だけ詰め替えたエコインクというのもある。これが非常に格安価格であり世間の見方になってくれている。何度か使用したことがあるが、ただ単に安いというだけで使用してもなにも問題はない。当然のように印刷して色合いというのも純正品と全く変わりないといってもいいと思う。自分のような素人だとどちらが純正品で、どちらがエコインク使用かと言われたらわからないぐらいである。お店側としては純正品を売っていきたいのかもしれないが、この格安のプリンタインク、エコインクを一度使用してみたらもう純正品を買おうという気にはならないはずである。プリンタインクというのは当然のように使えば減っていくものである。しかし使わないとインクが固まって、いざ使おうとするとインクのかすれが多くなり、普段使用するインクの量以上に使ってしまうことになる。まるで食べ物の賞味期限があるかのようである。使うと減る、使わなくても減る。こういうことを考えたらプリンタインクというのは、重要なものなのだが、買い置きをしていたらいざという時に使えないこともあるので注意だ。そして最近はインターネット通販でインクの格安販売をよく目にする。通常価格よりも安いので、同じ型番のものがあれば購入しておくこともいいと思う。