業務用エアコン

業務用と家庭用のエアコンの違う点とは構造ではなく、室内を冷やしたり温めたりする能力の差に違いにあります。家庭用は3馬力と言われ、業務用では1.5jから10馬力までは対応できるとされています。家庭用エアコンの馬力の小さなエアコンでフル稼働させるのは故障の原因にもなります。業務用エアコンは電力が大きい分過剰に負荷をかけることなく使用することが出来るのです。また、業務用エアコンは室外機1つを、いくつか他の室外機とつなぐこともできるので広い空間に複数エアコンを設置する場合など、省スペースで効率よく空調環境を整えることが出来ます。また、電源の種類にも違いがあり、家庭用電圧の低いは単相の電源、業務用は三相です。家庭用は単相200Vですが業務用は三相200Vの他に単相200Vもあり選択が出来ます。単相は基本料金が低く使用量に比例して料金が増えますが三相は基本料金高めで使用料は抑えられるのが特徴です。

業務用エアコンのチェックポイントは家庭用エアコンと違います

家庭用のエアコンは決まった室内の空調に向いていて、広さに対応した機種を選ぶことが一般的です。業務用エアコンでは広さよりも設置する部屋の用途によって決めることになります。ひろさが同じでも入り口の出入りが多く、出入りが頻繁であれば、馬力が高めのエアコンが必要になります。また、使用する機器が熱を持つ場合が多い美容室やパソコンを使う部屋なども馬力が重要になります。広さだけでなく部屋の中の造りや空気の流れなども意識することで最適なエアコンを選ぶことが出来るでしょう。馬力はエアコン選びでは大事なポイントです。家庭用と業務用で馬力の違いはあまりないのですが電源の種類や電気代金などには差が見られます。室内の広さや熱源の数、使用条件によっても変わるので業務用のエアコンに詳しい専門の業者に相談するとコストを抑えた最良のものを判断してくれるでしょう。

業務用エアコンを選ぶメリットとは

業務用と家庭用でさほど金額が変わらないのなら業務用を選ぶ利点とはどこにあるのでしょうか。業務用エアコンには会社や店舗、倉庫や工場など色々な条件の違った場所でも対応可能だということがポイントになるでしょう。パワーがあり、それを保つ持続力もあるので効率的なので毎月かかる電気代もトータルで見ると非常にお得ということになります。業務用は保証も5年から長い物で15年の補償が付いているものもあるなど、しっかりしています。また、エアコンの内部の構造や外装も家庭用と比べるとしっかりしていて水を使用する場所や熱のこもりやすい所にも耐えられるように出来ています。業務用エアコンは一般的にアウトドアグッズなどで見られるものが丈夫にできているというのと同じでハードな環境でも長く使用できるのです。