業務用エアコン

業務用エアコンのメリットとして一番に思いつくのは、やはりハイパワーであるということでしょう。家庭用のエアコンに比べ馬力が大きいので効率よく室内を快適な温度に保つことができます。同じスペースを対象にした場合、家庭用エアコンでは過剰な負荷を連続してかけ続ける必要がある場合でも、業務用エアコンであれば無理なく調整できるので故障のリスクも少なくなります。ハイパワーの電化製品を使用する際に気になる電気代も、適切な料金体系を選択すると負担を軽減することもできますし、一つの室外機で複数の室内エアコンをつなぐことができるので、省スペースで設置可能です。形状も天井埋め込み式や吊り下げ式、壁掛け型など、部屋の作りや用途に合わせて選択できます。メーカーの保証期間も長めに設定されているので安心して使用できます。このように業務用エアコンには様々なメリットがあるので、導入を検討する価値は十分にあるといえるでしょう。

業務用エアコンを取り付けるメリットデメリット

業務用エアコンにはメリットがたくさんあることをご紹介しましたが、メリットの裏には当然デメリットも存在します。まず、天井埋め込み型など、スマートに設置できるというメリットがある業務用エアコンですが、高い位置に設置されているとフィルターなど定期的なメンテナンスが面倒になり、その結果冷暖房の効率も落ちてしまうというデメリットがあります。天井から吊り下げるタイプの業務用エアコンは、送風が効率よく行われるので迅速に室温調整ができる一方で、大型のタイプが多いのでかなりの存在感になり、部屋が狭く感じられたりインテリアを損ねたりするというデメリットがあります。そのデメリットを避けようとすると、家庭用に似た壁面設置型を検討することになりますが、小型のものが多いのでパワーや効率の面で大型のものよりは少し劣ってしまいます。

業務用エアコンを会社で設置する場合

業務用エアコンを会社で設置する場合、メリットとしては、オフィスの真ん中に設置することで満遍なく室温調節することが可能になるということ、一つの室外機を複数のエアコンにつなぐことが出来るので、会社の部署により部屋が分かれている場合でも省スペースで複数台設置可能なことがあげられます。また、気になる電気代もハイパワーであるがゆえに、余裕をもった運転が見込めるので、それほど高額にはなりません。また、家庭用のエアコンと比べて、業者の保守がしっかりとしているので、点検や故障の修理などを速やかに行ってもらえるので、メンテナンスが楽です。デメリットとしては、取り付ける部屋の用途や目的にそった機種を適切に選択しないと、期待通りの効果を体感出来ない場合があります。また、高所に設置されることが多いので、素人が掃除、お手入れをするのが難しいところもデメリットと言えます。