業務用エアコン

業務用エアコンは、主に会社や店舗などに設置されているエアコンのことです。家庭用エアコンと構造上の違いはあまりありませんが、家庭用エアコンと比べて違いがあるのは、冷暖房能力です。一般家庭で業務用エアコンを使用する機会は少ないと思いますが、そもそも、2種類のエアコンに違いはあるのでしょうか。先ほども少し触れていますが、構造上の違いはほとんどありません。しかい、家庭用エアコンが3馬力ほどまでなのに対し、業務用エアコンは1.5から10馬力までと、幅広く対応しています。また、一般的に家庭用エアコンで見られるような壁掛けタイプの他に、天井へ埋め込むタイプや吊り下げるタイプ、床置きタイプなど、部屋の内装や雰囲気に合わせて設置補法を決めることができるのが業務用エアコンの特徴です。では、会社で業務用エアコンを設置する際に、どのようなメリット、デメリットがあるのか、見ていきましょう。

なぜ業務用エアコンを設置すると良いのか

構造上に違いがあまりないのであれば、家庭用エアコンでも良いのではないか、と考える方もいらっしゃるかと思います。しかし、対応する馬力の幅広さや設置方法の多さ、また、耐久性の高さなど、業務用エアコンには様々なメリットがあります。馬力の低い業務用エアコンは、家庭用エアコンと大差ありません。その一方、高い馬力の方は、パワーや持続性があり、長時間稼働し続けていても問題はありません。また、外装や内部の構造がしっかり出来ている為、家庭用ならば壊れやすくなってしまうような環境にも耐えることができます。さらに会社であれば、パソコンなどの熱に弱い精密機器が多くあると思いますが、そのような場合でもしっかりと冷房をきかせることができます。また、業務用エアコンを複数台設置した場合でも、室外機が1台で済むため、大量のスペースを確保する必要がありません。

デメリットはどのようなものがあるのか

業務用パソコンのパワーや設置方法などの面から、メリットが多くあることを紹介しました。では、デメリットはどのような点が挙げられるのでしょうか。一口に業務用エアコンと言っても、各設置タイプによってメリット、デメリットが異なってきます。例えば、天井に埋め込むタイプは、内装の雰囲気を壊さずに冷暖房能力を得ることができる代わりに、設置時の工賃が、他のタイプに比べて高くなってしまいます。床置きタイプは、メンテナンスが比較的行いやすいメリットがありますが、その反面、設置スペースをとってしまうというデメリットがあります。このように、エアコンの設置タイプがあるだけ、メリット、デメリットがそれぞれ存在します。失敗せずに業務用エアコンを選ぶためには、これらの点を踏まえて、会社に最適なエアコンを考えるようにしましょう。どうしても決まらないようならば、プロの方に相談する手や、リース契約という手もあります。