オーガニックコットンは、環境と人に配慮された栽培方法によって栽培されたコットンに付けられた付加価値を表す名前です。元々コットン自体は虫に弱く、多く広い土地で、安く沢山栽培しなければ元が取れないものです。しかし、多く安く栽培するためには、環境や人に有害な農薬を散布することによって栽培されることもしばしばあり、農薬の中には農家の人にとっても被害をもたらすものもあります。そのような影響を防ぐべく、オーガニックコットンは誕生しました。つまり、自然に任せた方法で栽培することを目的として、国際基準で認められた農薬しか使ってはいけないなど、基準が厳しく設定されています。しかし、その付加価値を付けることによって普通のコットンより高く買い取られることができ、農家にもお金が入るという方式が取られています。殺虫剤も使うことがないため、益虫を利用することによって栽培されている、本当に自然由来のもののみオーガニックコットンと認められています。

オーガニックコットンにこだわる理由について

オーガニックコットンにこだわる理由について、触れていきます。オーガニックコットンにこだわるのは、肌が敏感だからです。オーガニックコットンの場合には、農薬や化学肥料が使われていないため、肌に優しいのです。化粧水などにも、こだわりはありますが、コットンの場合には、使用感の違いが明らかにわかりやすいのです。もちろん、ふんわりと優しい肌触りで、使っているだけで気持ちが良いのです。オーガニックだからと言って、著しく高価ではないので、買い求めやすいという理由もあります。主に、お肌が敏感な方や赤ちゃんにも安心して、お使いいただけますし、安心を買っているという意識もあります。オーガニックの場合の特徴としては、無漂白、無着色ですので、見た目にもわかりやすい茶色や黒色の斑点が諸所に見られます。それを見ると安心します。

オーガニックコットンを選ぶということ

ものが溢れている時代、人々の消費行動に少しずつ変化が現れてきました。物を買う時に、「価格と品質」に加え「プラスアルファの価値」が重視されるようになってきたのです。すなわち、環境に優しいことや、生産者の顔が見えること、持続可能であること、「目に見えること」ではなく、商品が店頭にならぶまでの背景にストーリーがあるかどうかです。そういった購買の中で拡がっているのが、オーガニックコットンを使用した商品です。オーガニックコットンは、農薬の使用を控えたり、収穫の方法を変えるなどして生産されたコットンです。Tシャツやタオル、赤ちゃん向けの綿製品などに多く使われており、環境への関心が高い人やデリケートな肌質の人に選ばれています。育てるのに手間が多くかかったり収穫まで時間がかかるため、やや割高なものもありますが、長い目で見れば環境への負荷が低く安定的な生産につながったり、肌を守ってくれたり、プラスアルファの価値が付加されています。「プラスアルファの価値がある商品を選ぶ」というととても大きな行動を起こすように思えますが、普段着るTシャツや毎日使うタオルを買うときに、オーガニックコットンを使用したものを選ぶだけの、とても簡単なアクションです。新しい消費行動の一歩として、一度トライしてみてはいかがでしょうか。